ダルマとお金

マンション経営で確実に富を得る方法を伝授

借り上げ運営をしよう

女性

空室リスクはマンション経営の大敵です。しかしサブリースを使うことによって家賃を保証してくれるのでリスクが大きく減ります。依頼をするときには賃貸物件を持っていないとだめです。契約期間は会社によって刻むものもあれば長期利用もあります。

人気の不動産投資

セミナー

人気の不動産投資なので色々な方々が色々な場所で不動産投資セミナーを開催されています。不動産投資をしようと考えている方は、セミナーはとても参考になるのでオススメする情報収集方法です。複数のセミナーに参加してみましょう。

転勤者が住居を貸し出す

内観

転勤をする時、購入した住居の扱いに困ることがあります。その際にはリロケーションのサービスを利用すれば、住居が劣化する心配がありません。そして、リロケーションのサービスは、住居の所有者と入居者がしっかり打ち合わせをするのが大切です。

老後の生活資金が得られる

マンション

安定した収入が入る

マンション経営を始めると、店舗のオーナーのように経営に頭を悩ませなくても、物件を持っているだけで毎月安定した家賃収入が入るのが魅力です。定年退職後の老後の生活資金の確保を目的に行う方が多いので、資産運用に興味があるなら始めるようにしましょう。住宅ローン契約時に団体信用生命保険に加入をすれば、万が一契約者が死亡したり、高度障害状態になったとしても、保険で住宅ローンが支払われるので家族に迷惑をかけなくて済みます。死亡後は遺族が物件を受け継ぎ、そのまま経営を続けることも出来ますし、売却してお金に換えることも可能なので生命保険代わりにもなります。マンション経営は手元に購入資金がなくても、住宅ローンを組めば初期投資額が少なくても始められるので、手軽な資産運用をお考えの方におすすめです。

リスクを検討しておく

建物は次第に老朽化するため、立地が悪くて家賃が高いと、次第に入居者が減り、家賃収入が激減する可能性があるので、気を付けなければなりません。多少見た目が古くなっても、駅前に建っていたり、繁華街が近くにあると、入居者をつなぎとめられるので、マンション経営を始めるときは立地を良く考えてから購入することが大切です。また火災や地震などの災害がいつ起こるかはわからないので、火災保険や地震保険に入るなどの備えも忘れないようにしてください。変動金利による住宅ローンを組んでいた場合も、いつ金利が上昇するかはわからないので、十分な余裕をもって資産計画を立てる必要があります。マンション経営を始めるときはさまざまなリスクを検討しておくようにしましょう。